「プロ野球2016 ~和歌山県ゆかりの選手~」展 きょうから(写真付)

2016年12月10日 16時04分 スポーツ, ニュース

和歌山県内にゆかりのあるプロ野球選手のユニフォームや愛用の野球用品などを展示するイベントが、きょう(10日)から和歌山市の「わかやまスポーツ伝承館」で開かれています。

和歌山県ゆかりの現役プロ野球選手のユニフォームなどが展示されている

和歌山県ゆかりの現役プロ野球選手のユニフォームなどが展示されている(右は伝承館スタッフの宮井治夫さん)

「プロ野球2016 ~和歌山県ゆかりの選手~」と題されたこの展示会では、今年のプロ野球で一軍で活躍した和歌山県にゆかりのある7つの球団に所属する11人の選手の写真やプロフィールをパネルで紹介しているほか、ユニフォームや愛用のグローブやバットなどが一堂に展示されています。

このうち、日本シリーズで優秀選手賞を受賞した北海道日本ハムファイターズの西川遥輝(にしかわ・はるき)選手や、侍ジャパンの4番打者を務める横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智(つつごう・よしとも)選手のブースの前には、多くの野球ファンが今年の活躍を振り返りながら熱い視線を送っていました。

日本ハム・西川遥輝選手の2014年盗塁王のトロフィー(右上)とスパイク

日本ハム・西川遥輝選手の2014年盗塁王のトロフィー(右上)とスパイク

DeNA・筒香嘉智選手のユニフォーム

DeNA・筒香嘉智選手のユニフォーム

「プロ野球2016 ~和歌山県ゆかりの選手~」展は、和歌山市本町・フォルテワジマ内の「わかやまスポーツ伝承館」で、来月16日まで開かれています。