JR紀勢線で強風のため一時運転見合わせ

2016年12月27日 19時13分 ニュース, 交通, 社会

けさ早く(12/27)、JR紀勢線で、串本町とすさみ町に設置されている風速計が規制値に達したため、JR西日本和歌山支社は、串本駅と周参見駅の間でおよそ3時間にわたって電車の運転を見合わせました。

きょう午前6時頃、串本町に設置された風速計が、また6時27分頃、すさみ町の風速計がそれぞれ規制値を超えたため、JR西日本和歌山支社は、紀勢線の串本駅と周参見駅の間で午前9時11分までおよそ3時間にわたって電車の運転を見合わせました。

この影響で、普通電車の上下2本が部分運休したほか、特急電車1本を含む上下4本の電車に、最大で3時間あまりにわたって遅れが出ました。

和歌山地方気象台によりますと、和歌山県内では、午前7時すぎから2時間にわたって紀南地方に竜巻注意情報が発表されていました。