県立医大・年末年始救急外来受け入れ制限

2016年12月29日 12時28分 ニュース, 社会

和歌山県立医科大学附属病院は、きょう(29日)から年明けの1月3日にかけて、電子カルテシステムの更新作業を行うため、救急外来の受け入れを制限します。

きょう午後8時からあす(30日)午前4時までは、救急処置に必要なすべてのシステムが停止するため、徒歩や自家用車での来院も含めて、すべての救急外来患者の受け入れを停止します。

30日の午前4時から1月3日の午前9時までは、救急処置に必要なシステムの更新作業などが行われるため、症状が軽い場合などは救急外来患者の受け入れを断り、ほかの医療機関で受診するよう依頼することもあるということで、県立医大附属病院では、理解と協力を求めています。