初笑いの神事に初詣客 日高川町の丹生神社

2017年01月03日 18時57分 ニュース, 社会

日高川町の丹生神社できょう(1/3)、初笑いの神事が行われ、初詣客らが笑い初めを楽しみました。

この「初詣初笑い神事」は、毎年10月に丹生神社で開かれる「丹生祭」で披露されている神事を、正月にも披露して初詣客をもてなそうと、日高川町観光協会が、自治体の合併を機に、11年前から行っているものです。

神事は、その昔、神様たちの集まりに遅刻し、ふさぎ込んでしまった氏神様を村人たちが笑いで慰めたことが始まりとされ、顔を白く塗った「鈴振り」と呼ばれる男性が周りの男たちを笑わせます。

きょうも、神社では、派手な衣装と化粧に身を包んだ「鈴振り」が、鈴を振りながら「笑え」「笑え」と掛け声をかけ、観光バスで訪れた団体の初詣客から大きな笑いを誘っていました。

初笑い神事は、あす(1/4)も午前10時から午後3時まで、日高川町江川(えかわ)の丹生神社で行われます。