県プロフェッショナル人材戦略拠点セミナー 8市で初開催(写真付)

2017年01月06日 20時25分 ニュース, 社会

人材の採用に関心のある和歌山県内の中小企業などを対象に採用のノウハウや面接のポイントなどを紹介する「和歌山県プロフェッショナル人材戦略拠点セミナー」が今月(1月)から3月にかけて県内8つの会場で開かれます。

これは、県内企業が都市部で働く専門性の高い人材をニーズにあわせて採用できるよう橋渡しを行っている「県プロフェッショナル人材戦略拠点」が、企業の活性化や攻めの経営への転換を後押ししようとはじめて開くものです。

セミナーでは、県プロフェッショナル人材戦略拠点の植田俊(うえだ・たかし)マネージャーが事業の内容を紹介したあと、広島県の電子部品会社・オオアサ電子株式会社の長田克司(ながた・かつし)社長や全国でインターネットサービスを展開する株式会社ビズリーチの佐藤和男(さとう・かずお)執行役員らが経営や人材獲得の成功例を踏まえて講演します。

セミナーは県内8か所で開かれる予定で初回は今月24日に和歌山市のホテルアバローム紀の国で開催されます。このほか、今月27日には新宮市で、31日には海南市で開かれ、3月にかけて岩出市、御坊市、田辺市、橋本市、有田市でも開かれます。

時間はいずれも午後1時半から午後4時までで、参加費は無料ですが、申し込みが必要です。詳しい問い合わせ先は県プロフェッショナル人材戦略拠点、電話073・433・3110です。