田辺市の山中に変死体 県警が死体遺棄事件で捜査

2017年01月10日 20時04分 ニュース, 事件・事故・裁判

きょう(1/10)午前、田辺市龍神村の県道脇の山中でブルーシートに包まれた男性の遺体が見つかり、田辺警察署が、死体遺棄事件として捜査を始めました。

きょう午前11時20分頃、田辺市龍神村柳瀬の県道田辺龍神線・虎ヶ峰トンネルの北側およそ1・2キロメートルの山中で、清掃していた中学生が、ブルーシートに包まれた、大人とみられる男性の遺体を見つけ、近くで交通整理をしていた警察官に伝えました。

発見した生徒が通う地元の中学校によりますと、きょうは全校生徒がボランティアで県道を清掃していて、1年から3年の数人が、道路脇の斜面にあったシートに気付きました。

警察によりますと、シートは、ひも状のもので縛られ、足とみられる部位が出ていました。

警察が、死体遺棄事件として捜査しています。