快速にはねられ男性死亡 大阪・和泉市のJR阪和線

2017年01月13日 13時45分 ニュース

けさ(1/13)、大阪府和泉市のJR阪和線の踏切で男性が快速電車にはねられて死亡しました。男性は成人とみられ、警察が身元を調べています。

きょう午前7時半頃、和泉市尾井町(おのいちょう)1丁目のJR阪和線・北信太駅と信太駅の間にある踏切で、男性が、京橋発、関西空港・和歌山行きの快速電車にはねられて死亡しました。

乗客およそ900人にけがはありませんでした。

警察によりますと、男性が遮断機をくぐり踏切の中に入るのを運転士が目撃して非常ブレーキをかけましたが、間に合わなかったということです。

男性は成人とみられ、警察が身元を調べています。

この影響で阪和線は、上下線であわせて36本の電車が運休や部分運休するなどし、およそ4万3千人に影響が出ました。