和歌山市・木村副市長が今月末に退職

2017年01月17日 19時00分 ニュース, 政治

和歌山市はきのう(16日)木村哲文(きむら・てつふみ)副市長が「体調不良」のため、今月(1月)31日付で退職すると発表しました。

和歌山市人事課によりますと、木村副市長の任期は来年(2018年)12月末まででしたが今月11日、木村副市長が尾花正啓(おばな・まさひろ)市長に退職願を提出し、翌12日に受理されたということです。

当面は荒竹宏之(あらたけ・ひろゆき)副市長が業務を兼務し、早急に後任の人選を行うことにしています。

木村副市長は現在69歳で、1970年4月に和歌山市に入庁後、産業部長やまちづくり局長などを歴任して2008年3月に定年退職し、市民図書館長を経ておととし(2015年)1月から和歌山市の副市長を務めています。