和歌山弁護士会・会長に畑純一弁護士(写真付)

2017年01月23日 18時42分 ニュース, 事件・事故・裁判

和歌山弁護士会はきょう(23日)、来年度(2017年度)の弁護士会の会長に畑純一(はた・じゅんいち)弁護士が選ばれたと発表しました。

会見する畑弁護士

畑弁護士は和歌山市出身の58歳で、1992年4月に和歌山弁護士会に入り、刑事問題対策委員会委員長や副会長などを務めながら集団的労使関係や過労自殺などの労働に関わる訴訟を多く担当しました。

きょう午後5時すぎから行われた会見で畑弁護士は「地方の司法へのアクセスを強化し市民に役立つ会として機能していきたい」と話し、「災害時に役立つ法律の情報を市民に提供するほか、避難所でも法律相談ができる体制などを整えたい」と意気込みを語りました。

弁護士会会長の任期は、ことし4月1日から1年間です。