700人超が食中毒か 御坊市の小中学校と幼稚園

2017年01月27日 18時54分 ニュース, 社会

御坊市のすべての市立小中学校と幼稚園であわせて700人以上が食中毒とみられる症状を訴え、市の教育委員会が調べています。

御坊市教育委員会によりますと、体の不調を訴えているのは、御坊市の給食センターが調理を担当しているすべての市立小学校と中学校、それに日高川町の中学校のあわせて11校と4つの市立幼稚園に通う園児や児童、生徒らです。

きょう午前7時過ぎから学校などに「子どもが食中毒のような症状を訴えている」という連絡が寄せられ、これまでに園児と児童、生徒あわせて651人と教職員68人のあわせて719人が、下痢や吐き気、発熱など食中毒の症状を訴えています。

この中に重症者はなく、全員、快方に向かっているということです。

市教育委員会は、市立のすべての小中学校と幼稚園を臨時休校や臨時休園にしました。

また、症状が出たのは、昨夜から今朝にかけてで、教育委員会では、給食による集団食中毒の可能性が高いとみて給食センターなどから事情を聞いて調べています。

食中毒症状を示している子どもたちが通う小中学校と幼稚園には、教職員も含めてあわせて2267人が在籍しています。