春の選抜甲子園 和歌山県からの選出なし

2017年01月27日 20時34分 スポーツ, ニュース

3月19日に開幕する春の選抜高校野球大会の出場校を決める選考委員会が、きょう(1/27)、大阪市内で行われ、和歌山県からは、4大会ぶりに出場校がありませんでした。

和歌山県からは、去年秋の近畿地区高校野球大会に出場した県立和歌山東高校と高野山高校、それに智辯学園和歌山高校が推薦されていましたが、選ばれませんでした。

春の選抜高校野球大会には、史上3校目の春の連覇に挑む奈良の智辯学園のほか、高校野球屈指の強打者、清宮幸多郎(きよみや・こうたろう)選手を擁する東京の早稲田実業や、去年の夏、全国制覇した栃木の作新学院など32校が選ばれました。

また、戦力以外の要素を加味する21世紀枠は、岩手の不来方(こずかた)、岐阜の多治見(たじみ)、それに高知の中村の3校に決まりました。

春の選抜高校野球大会は、3月19日から12日間、甲子園球場で行われます。