紀州南高梅果汁入りサイダー「三ツ矢梅」2月14日発売(写真付)

2017年01月31日 19時33分 ニュース, 政治, 経済

和歌山県産の紀州南高梅(なんこううめ)の果汁を使ったサイダー「三ツ矢梅(みつや・うめ)」が、今シーズンも来月(2月)14日に全国のスーパーや量販店、コンビニエンスストアなどで発売されます。

「三ツ矢・梅」をPRする仁坂知事(1月31日・和歌山県庁)

ことしも全国の店頭に並ぶ「三ツ矢梅」

これは「三ツ矢サイダー」で知られる東京の飲料大手・アサヒ飲料と和歌山県が、県産ブランドの向上と販路の開拓を目指して共同で開発したもので、2013年の発売以降、早春の定番商品になりつつあります。

500ミリリットル入りペットボトルのラベルは、紅をさした南高梅のイラストにリニューアルされ、和歌山県協力商品であることを示すロゴマークもデザインされています。サイダーには県産の南高梅果汁1%が配合され、梅の花が咲いたような香りが楽しめます。

和歌山県の仁坂吉伸知事は「ことしも全国の皆さんに味わって欲しい」とPRしています。

価格は1本税別140円で、来月14日から全国のスーパーや量販店、コンビニエンスストアなどで販売されます。