特殊詐欺事件の被疑者を再逮捕

2017年01月31日 19時32分 ニュース, 事件・事故・裁判

トラブル解決金名目で現金を欺し取ろうとした特殊詐欺事件で串本警察署はきょう(31日)埼玉県新座市に住む詐欺の指示役の1人を詐欺の疑いで再逮捕しました。

再逮捕されたのは、埼玉県新座市の自称清掃業、新井達美容疑者37歳です。

警察の調べにほりますと新井容疑者は既に逮捕されている仲間2人と共謀し、去年8月上旬から9月下旬頃までの間に何者かに「老健施設の入居権利を他人に譲るのは犯罪です」などとうそをつかせ、埼玉県内に住む60代の女性を欺して解決金名目で、現金あわせて900万円を欺し取った疑いが持たれています。

串本警察署は、特殊詐欺未遂事件で逮捕した新井容疑者を調べていたところ今回の事件が分かり、きょう再逮捕しました。新井容疑者は犯行を否認しています。

新井容疑者は今月(1月)1日、県内に住む80代の無職の女性から現金を欺し取ろうとして詐欺未遂で逮捕されましたが、きょう和歌山地方検察庁田辺支部は処分保留にしました。