和歌山県も電通入札停止

2017年01月31日 19時36分 ニュース, 政治

和歌山県の仁坂吉伸知事は、社員に違法な長時間労働をさせたとして、労働基準法違反の疑いで書類送検された電通に対し、内規に基づいて県への入札参加を停止すると発表しました。今週中にも3か月間の入札停止とします。

県によりますと、2012年度以降、県と電通との間に直接的な取引はありませんが、おととし(2015年)の「紀の国わかやま国体」に関連して、県などが参加する実行委員会と電通との間で取引があったということです。

電通を巡っては、滋賀、京都、奈良の3つの府県がすでに入札参加の停止処分を実施しています。