県立医大の新しい病院長に山上裕機氏内定

2017年02月09日 19時37分 ニュース

和歌山県立医科大学の新しい附属病院長に、第二外科教授の山上裕機(やまうえ・ひろき)氏60歳が就任することが内定しました。

就任はことし(2017年)4月1日付けで、任期は2年間です。現在の吉田宗人(よしだ・むねひと)附属病院長が来月(3月)末で定年を迎えることから、このほど行われた病院長選挙で山上氏の就任が内定しました。

新しく附属病院長に就任することになった山上氏は、昭和56年に県立医大を卒業し、2001年6月から第二外科の教授を務めていて、去年12月まで医大の医学部長を務めていました。