みなべ町 梅林見頃でにぎわう

2017年02月18日 18時20分 ニュース, 社会, 経済

南高梅の産地として知られ、梅の生産量日本一を誇るみなべ町にある「南部梅林」が見頃を迎え、白い花が山の斜面を覆っています。

運営する梅の里観梅協会によりますと、花は今が満開で、きょうは良い天気にも恵まれて、多くの観光客でにぎわいました。

家族で訪れた岩出市の41歳の男性会社員は「梅林といえば、みなべ町のイメージがあり、毎年来ています。売店で名物の芋餅を買うのも楽しみ」と笑顔で話していました。