新宮で猟銃が暴発、ハンター自らの左足にケガ

2017年03月05日 19時46分 ニュース

きょう(5日)新宮市熊野川町の山中で、狩猟をしていた男性が、猟犬を捕まえようとして誤って猟銃を発射したため、銃弾が自分の足に当たりケガをしました。きょう(5日)正午頃、新宮市熊野川町西の山中で、新宮市熊野川町に住む63歳の建設業の男性が、放していた猟犬を捕まえようとして、誤って猟銃を発射させたため、弾丸が自分の足に当たり、左足の親指にケガをしました。新宮警察署によりますと、男性は仲間と狩猟をしていましたが、猟銃の安全装置が外れていたものとみています。