第二阪和国道全線開通記念イベント、1日に

2017年03月26日 15時01分 ニュース, 交通, 経済, 防災

第二阪和国道全線開通を記念した「フリーウォーク」イベントが、開通の日の来月(4月)1日に行われます。

歩くことができるのは、大阪・岬町内の第二阪和国道の淡輪(たんのわ)ランプから深日(ふけ)トンネル付近までの新たに開通する区間の一部で、和歌山県側への通り抜けはできません。この区間は、自動車専用道路のため、歩くことができるのは、この日が、最初で最後の機会となります。

フリーウォークは、午前11時半から午後1時まで行われ、参加は無料で、申し込みの必要もなく、参加希望者は、時間内に、淡輪ランプ近くの道の駅「みさき」に行けばよいことになっています。

なお、この日は、道の駅で、午前10時から、開通記念式典が行われ、10時半ごろから、開通を祝う餅まきがあります。また、午後0時半から、道の駅の竣工記念式典や餅まき、抽選会などが予定されています。そして、午後3時に、第二阪和国道の大阪・岬町淡輪から和歌山市平井(ひらい)までの7・6キロが供用開始となり、全線が開通します。

ところで、このところ県内や府県間道路で、開通記念のウォーキングイベントが続いていて、4週連続となります。