愛菜てまりっこ・いさお店がリニューアル

2017年04月23日 17時49分 ニュース, 経済

和歌山市園部のJAわかやまの農産物直売所「愛菜(あいさい)てまりっこ・いさお店」がリニューアルオープンし、あす(24日)から地元農家による新鮮な野菜などが特別価格で販売されます。

初日のあすは提携の京都・JAやましろから届けられる、お茶の詰め放題やキャベツ、春ブロッコリー、春ハクサイを特売するほか、野菜の詰め放題イベントも行われます。また今月30日までは、毎日先着200人にJA女性会による鍋の振る舞いが行われたり、先着100人にはポット苗もプレゼントされます。さらに、ガラガラ抽選会や寄せ植え教室、模擬店のほか、29日には午前10時と午後1時にマグロの解体ショーが予定されています。

JAわかやまは、県庁所在地の和歌山市にあって、西部の砂地地帯では野菜や新ショウガ、紀の川流域の水田地帯では米や裏作野菜、東部の傾斜地では果樹、また市内全域で花卉(かき)を生産するなど、多彩な品種を生産しています。そして、これらの野菜を「紀州てまり野菜」の名前でブランド化を進めることにしています。