和歌山市・職場失踪の男性主事を停職処分(写真付)

2017年04月26日 20時35分 ニュース, 社会

和歌山市は、きょう(26日)上司に届けずに勤務時間中に失踪し無断欠勤したとして、建設局道路部の25歳の男性主事を停職1か月の懲戒処分にしたと発表しました。

記者会見で謝罪する人事課の職員

和歌山市人事課によりますと、建設局道路部・道路管理課の25歳の男性主事は、勤務中だった先月(3月)27日、午後から上司に休暇の申請をせず作業着のまま突然失踪し、今月(4月)5日までの7日間、新幹線などを使って福井県や石川県、東京都を転々とし、この間、公園で過ごしたりインターネットカフェで寝泊まりするなどしていたということです。男性主事の家族が警察に捜索願を提出し、男性主事は、今月5日の朝に都内の路上を歩いているところを警察官に職務質問されて保護され帰宅しました。

男性主事は、仕事で悩んでいたことや、日頃から周囲に劣等感を抱いていたことなどと話し、今月6日から病気休暇しています。和歌山市は、あす(27日)から1カ月間の停職処分とするとともに、先月時点の道路管理課の課長と副課長、それに班長を厳重注意処分としました。