7日に阪和道・印南SAで観光キャンペーン

2017年05月02日 18時49分 ニュース, 政治, 社会, 経済

印南町(いなみちょう)は、今月(5月)7日、阪和自動車道上り線の印南サービスエリアで、大型連休中の観光客に、特産品をPRするキャンペーン活動を展開します。

これは、印南町と印南町産業振興協議会が、県の補助金を活用して特産品を発信する事業の一環として、去年(2016年)に引き続いて行われるものです。

当日は午後1時半から、阪和道上り線の印南サービスエリアで、印南町役場の職員が花やマメ、ミニトマト、混ぜご飯が当たる抽選券付きの観光パンフレット300部を配布し、観光客に印南町をPRします。小雨でも行われます。

イベントを担当する印南町産業課では「ことしも多くの人に印南の魅力を伝えたい」と意気込んでいて、翌週の13日と14日の土日には、大阪市西区の靱(うつぼ)公園で行われる「バラ祭(まつり)」でもブースを出展し、都市部の人にもPRします。