遊んで食べてマナーの勉強(写真付)

2017年05月06日 19時06分 ニュース, 社会

箸や鉛筆を使い、ゲーム感覚で食事のマナーを学ぶイベント「遊んで食べてマナーの勉強」がきょう(6日)和歌山市で開かれ、親子連れが週末の1日を楽しみました。

お行儀よく、いただきます!

3歳から小学1年生を対象にしたこの催しは、子どもに楽しみながら食事のマナーを身につけてもらおうと、わかやま市民生活協同組合が開いたもので、今回で3回目です。

絵本の読み聞かせ

きょう午後2時から、和歌山市太田(おおだ)のわかやま市民生協本部で行われた勉強会では、和歌山信愛女子短期大学非常勤講師の藤澤祥子(ふじさわ・さちこ)さんが講師となり、参加した4歳から6歳の子どもに優しく食事の大切さやマナーを指導していました。

子どもたちは、正しい箸の持ち方で小さな豆をつかむゲームや、好き嫌いをせずバランスの良い食事を摂ることの大切さを学ぶ絵本の読み聞かせに参加したほか、ケーキを食べながら楽しく食事のマナーを勉強していました。