慢性腎臓病予防啓発講演会14日開催

2017年05月09日 14時56分 ニュース

腎臓病にならないための生活習慣や治療方法を、市民に広く知ってもらおうと、今(5)月14日、和歌山市で市民を対象にした公開講座が開かれます。これは、腎臓病の患者らでつくる和歌山県腎友会が中心となって、県や市などの講演を得て開くもので今回で5回目です。

今月14日の午後1時から和歌山市の和歌山ビック愛・大ホールで開かれる講演会は、「腎臓病とうまくつきあおう」をテーマに、県立医大の腎臓内科や糖尿病・内分泌内科の専門医や栄養士が腎臓を守るための生活習慣や食事などについて市民に分かりやすく説明します。

また、参加者からの質問にも答える予定で、腎臓の病気にならないようにする取り組みや、早期発見で早目の治療を心がけることなどを市民に呼びかけることにしています。

参加方法などについては、県腎友会・電話073-427-1220で問い合わせに応じています。