ATMで現金盗んだ消防士、不起訴

2017年05月09日 20時33分 ニュース, 事件・事故・裁判

和歌山地方検察庁はきょう(9日)、海南市のスーパーマーケット内のATM=現金自動預払機に置き忘れられた現金を盗んだ疑いで逮捕された、日高町の21歳の男性消防士を不起訴の起訴猶予としました。

地検は不起訴の理由について「起訴はできるが、事情を考慮して起訴には至らなかった」と説明しています。

男性消防士はことし3月、海南市内にあるスーパーのATMで、市内の54歳の女性が置き忘れた現金7万円を盗んだとして、先月(4月)12日窃盗の疑いで逮捕され、容疑を認めていました。