有田市選挙区県議補選・あす(14日)投票

2017年05月13日 12時47分 ニュース, 政治

現職議員の死去に伴う和歌山県議会議員・有田市(ありだし)選挙区の補欠選挙は、あす(14日)投票が行われます。選挙戦最終日のきょう(13日)いずれも無所属の新人候補2人が、最後の訴えを繰り広げています。

定数1の有田市選挙区の補欠選挙に立候補したのは、届け出順に、上山寿示(うえやま・ひさし)候補46歳と玉木久登(たまき・ひさと)候補52歳の2人で、いずれも有田市議会議員を辞職して立候補しました。

2003年以来無投票が続いていた有田市選挙区は14年ぶりの選挙戦となり、今月5日の告示以降、両候補は、市内各地を精力的に回って激しい戦いを繰り広げ、最終日のきょうも最後の支持を訴えています。

投票は、あす(14日)市内26の投票所で午前7時から午後6時まで行われ、午後8時から、有田市立箕島(みのしま)中学校体育館で即日開票されます。

有田市の今月4日現在の選挙人名簿登録者数は、2万4890人です。