第27回南方熊楠賞に京大大学院教授の加藤真氏

2017年05月13日 18時56分 ニュース, 社会

博物学や民俗学の分野で顕著な業績のあった人に贈られる、第27回南方熊楠賞の授賞式が、きょう(13日)田辺市で開かれ、京都大学大学院教授の加藤真(かとう・まこと)氏に賞状や副賞100万円などが贈られました。

加藤氏は静岡市生まれで、さまざまな生態系が多様な共生関係で成り立っていることを解明し、生態系の保全に貢献したことなどが評価されました。

授賞式で加藤氏は「熊楠翁は学生の頃から憧れていたので、受賞は心から喜んでいる。これからも精進し、賞の名に恥じないよう頑張りたい」と語りました。