第11回「みやこ姫よさこい祭り」御坊市で開催(写真付)

2017年05月14日 16時19分 ニュース, 社会

県内外のよさこいチームが参加する「みやこ姫よさこい祭り」が、きょう(14日)御坊市の御坊総合運動公園で開かれ、およそ40チームが力強い踊りを披露しました。

踊り子総動員の総踊りのようす(5月12日・御坊総合運動公園)

これは、御坊市内の民間グループ主体の実行委員会が毎年この時期に開いているもので、ことし(2017年)で11回目を迎えました。

よさこいでおなじみの大きな旗「フラフ」の演舞

今回も、地元・御坊市のよさこいグループ「夢屋舞組(ゆめや・まいぐみ)」をはじめ、県内や大阪府からあわせて40チームあまりが、それぞれの個性を活かした力強いよさこい踊りをステージで披露したほか、総踊りやパレードも行われました。

JA紀州青年部による「母の日参り」のPR

また、会場では、母の日に地元特産の花をおくることをすすめるJA紀州・青年部によるスターチスの無料配布や、餅まきも行われ、家族連れらが初夏の休日を楽しみました。