JR紀勢線で21歳女性がはねられ死亡

2017年05月20日 18時36分 ニュース, 事件・事故・裁判, 交通, 社会

きょう(20日)未明、和歌山市のJR紀勢線の踏切で、21歳の女性が電車にはねられ死亡しました。

きょう(20日)午前0時20分すぎ、和歌山市冬野のJR紀勢線安原(やすはら)踏切で、和歌山発、御坊行きの最終電車が、線路内にいた女性をはねました。和歌山東警察署によりますと、はねられたのは県内の21歳の女性で、死亡が確認されました。乗客およそ200人にケガはありませんでした。
警察によりますと、電車が踏切にさしかかった際、女性が遮断機をくぐり抜けて線路内に入ってきたということです。この事故で最終電車は黒江と紀三井寺の間で一時、運転を見合わせ、50分の遅れがでました。