南方熊楠生誕150周年記念・近畿宝くじ きょう発売(写真付)

2017年06月28日 19時31分 ニュース, 社会

南方熊楠(みなかた・くまぐす)の生誕150周年を記念した近畿宝くじがきょう(6/28)発売されました。

見本(和歌山県財政課・提供)

これは、和歌山市出身で世界的な博物学者の南方熊楠が生誕150周年を迎えたのを記念して和歌山県が発行したもので、宝くじの表面には、南方熊楠の肖像が描かれ、そのまわりに、熊楠にゆかりのある粘菌や、愛用の顕微鏡、熊楠が自然保護に力をつくした神島(かしま)などの絵が描かれています。

記念宝くじは、第2538回近畿宝くじとして、1枚100円で、きょう(6/28)から来月(7月)11日まで和歌山県を含む近畿2府4県の宝くじ売り場で販売されています。当選金は1等1千万円が1本、1等前後賞250万円が2本、2等30万円が15本です。抽選日は、来月(7月)13日となります。

近畿宝くじは、和歌山県内で購入された分のおよそ40%が県の収益金となる仕組みで、道路や公園整備をはじめさまざまな公共事業や文化芸術活動などに役立てられます。県の担当者は、「ぜひ県内で購入してほしい。」と呼びかけています。