【高校野球】大会3日目第1試合 和歌山東が2回戦へ

2017年07月15日 20時16分 スポーツ, ニュース, 高校野球

大会3日目第1試合、熊野 対 和歌山東の対戦は、序盤に得点を重ねた和歌山東が10対0、6回コールドで熊野に完封勝ちして2回戦に進みました。

和歌山東は1回、熊野のエース・関矢(せきや)の立ち上がりを攻め、エラーとデッドボールのランナーを1、2塁において5番・三川(みかわ) がタイムリー3ベースで2点を先制しました。

つづく2回にも、クリーンナップがタイムリーヒットを重ねて4点を追加し、3回には、1番・竹内(たけうち)がレフトスタンドに大会第2号ツーランホームランを放って8対0とリードを広げました。

これに対して熊野は4回、連続ヒットで満塁のチャンスを作るものの、和歌山東のエース・山本(やまもと)を打ち崩すことができず、結局、6回にも2点を追加した和歌山東が熊野に10点差をつけて6回コールド勝ちし、2回戦に進みました。

勝った和歌山東は大会7日目第3試合で笠田と対戦します。