【高校野球】4日目第1試合、和工勝つ

2017年07月16日 10時31分 スポーツ, ニュース, 高校野球

夏の高校野球・和歌山大会4日目のきょう(16日)の第1試合、有田中央対和歌山工業は序盤から着実に得点を重ねた和歌山工業が7回コールド8対1で有田中央を下し3回戦に進出しました。

この試合、和歌山工業は1回、有田中央エースの中島(なかしま)の立ち上がりを攻め、デットボールのランナーを2塁に置くと、3番上野の当たりが守備のエラーを誘い1点を先制しました。

これに対して有田中央は2回、和歌山工業エース本田を捉え、5番魚田(うおた)のヒット、8番仲(なか)の2ベースで出塁すると、9番竹中がレフト前へのタイムリーヒットですぐに同点に追いつきました。

しかし、和歌山工業はその裏、守備エラーと四死球で満塁とすると、1番西田がセンター前に2点タイムリーを放って勝ち越しました。

さらに和歌山工業は3回に犠牲フライとスクイズで2点、4回にも2番田村のタイムリーで1点をそれぞれ追加、そして6回には9番上出の2ベースなどで満塁とすると4番田岡が2点タイムリーで8点をあげ試合を決め、結局、和歌山工業が7回コールド8対1で有田中央を下し、3回戦に進出しました。

勝った和歌山工業は大会8日目第3試合で紀央館と箕島の勝者とベスト8進出をかけて対戦します。