【高校野球】4日目第2試合、田辺工完封勝ち

2017年07月16日 13時20分 スポーツ, ニュース, 高校野球

夏の高校野球・和歌山大会4日目のきょう(16日)の第2試合は、田辺工業と串本古座の紀南勢同士の対戦となり、田辺工業がヒットと相手のエラーなどで得点を重ね5対0で串本古座を破り、2年ぶりに緒戦を突破しました。

この試合、田辺工業は、2回表、串本古座の守備の乱れで出塁し、8番佐野の打球をショートがエラーして1点を先取し、試合をリードしました。この後両チームとも得点を許しませんでしたが、田辺工業が6回に3番赤堀が、レフト線への2塁打や串本古座の守備の乱れなどで、4点を挙げ試合を有利にしました。

串本古座も再三出塁しましたが、決定打に欠けて得点には結びつかず田辺工業が5対0で串本古座を完封で破りました。田辺工業は2年ぶりの初戦突破です。

田辺工業は大会9日目の第1試合で南部と星林の勝者と対戦します。