【高校野球】大会6日目第2試合 星林が3回戦へ

2017年07月18日 19時22分 スポーツ, ニュース, 高校野球

大会6日目第2試合、南部と星林の対戦は序盤に得点を重ねた星林が、追い上げる南部に4対3の1点差で逃げ切り、3回戦に進みました。

星林は1回、デッドボールのランナーを1塁において2番・西(にし)がレフトスタンドに大会第9号となるツーランホームランで2点を先制し、さらに2回にも1番・一ノ瀬(いちのせ)のタイムリーで1点追加し、3対0とリードを広げました。

これに対して南部は4回、先頭打者が出塁すると、2アウトから6番・坂口(さかぐち)が右中間へのタイムリーヒットで1点、さらに5回にも、3番・森下(もりした)がレフト前タイムリーで1点をそれぞれ追加し、3対2と1点差に追い上げました。

このあと星林と南部は、8回の攻防でそれぞれ1点ずつ取り合い、結局、星林が南部に4対3の1点差で勝って3回戦に進みました。

勝った星林は大会9日目第1試合で田辺工業と対戦します。