近畿大学水産研究所・農学部公開講座 22日に東京で開催

2017年07月20日 19時17分 ニュース

近大マグロの試食などを取りいれた食料生産研究の最前線を紹介する近畿大学水産研究所と農学部の公開講座があさって(7/22)東京で行われます。

今月22日午後1時から東京都港区の「アジュール竹芝」で開かれる公開講座では、水産研究所白浜実験場教授の家戸敬太郎さんが 「ゲノム編集によるダブルマッスルマダイの作出」と題して講演するほか、農学部バイオサイエンス学科准教授の田茂井政宏さんが「食料・エネルギー問題の解決に向けたユーグレナの有効活用」について分かりやすく解説します。

また会場では近畿大学が世界で初めてクロマグロの完全養殖に成功し、ブランドとなっている「近大マグロ」の試食会も予定していて、誰でも参加できます。詳しくは和歌山放送073-428-1431で問い合わせに応じています。