【高校野球】大会8日目第2試合 向陽がベスト8進出

2017年07月21日 18時48分 スポーツ, ニュース, 高校野球

3回戦に入った大会8日目第2試合、向陽 対 橋本は、序盤に逆転した向陽が打ち勝ち、8対5で3年ぶりのベスト8進出を決めました。

試合は1回、橋本が、2アウト3塁から4番・福田へのワイルドピッチで1点を先制し、さらに6番・小玉の2点タイムリーヒットと、7番・土居(どい)のタイムリー2ベースで一挙4点をとり、リードしました。

これに対して、向陽は2回、1番・西門(にしもん)の犠牲フライなどで3点を返して1点差に迫り、3回には、2点をとって逆転に成功しました。

さらに向陽は、5回に8番・白濱(しらはま)が大会第12号となるソロホームランを放つなど、4回、5回、6回と1点ずつ得点を積み上げました。

一方の橋本も、6回に押し出しのフォアボールで1点を返しましたが、向陽に及ばず、結局8対5で向陽が橋本をくだして3年ぶりのベスト8進出を決めました。

勝った向陽は、大会11日目の第1試合・準々決勝で、和歌山工業と紀央館の勝者と対戦します。