県下高校野球新人戦 初日の結果

2017年08月19日 18時38分 スポーツ, ニュース, 高校野球

春の選抜甲子園出場へつながる県下高校野球新人戦がきょう(8/19)から始まり、1回戦5試合と2回戦1試合が行われました。

このうち、和歌山市の紀三井寺公園野球場では、1回戦3試合が行われ、神島 対 田辺工業は、6対1で神島、近大新宮 対 有田中央は、8対2で近大新宮、粉河 対 橋本は、10対0、7回コールドで粉河がそれぞれ勝ち、2回戦に進みました。

一方、有田市のマツゲン有田球場では、1回戦2試合と2回戦1試合が行われました。

熊野 対 耐久の試合は、6対5で熊野、和歌山北 対 和歌山東は、10対3、7回コールドで和歌山東がそれぞれ勝ち、2回戦に進出しました。

また第3試合の2回戦、高野山 対 和歌山南陵は、8対1、7回コールドで高野山が勝って3回戦進出を決めています。

県下高校野球新人戦は、あす(8/20)、和歌山市の紀三井寺公園野球場で和歌山高専 対 新翔、南部 対 箕島、貴志川 対 初芝橋本の2回戦3試合が行われるほか、上富田スポーツセンター野球場では、紀北農芸 対 串本古座、和歌山商業 対 笠田の1回戦2試合と、南部龍神 対 星林の2回戦1試合が行われる予定です。