わかやまリレーマラソンパンダRUN 10/21開催

2017年09月12日 20時24分 ニュース

子どもから大人までスポーツにふれ合う機会をつくろうと、来月(10月)21日、田辺市で、チームでたすきリレーしながら走る「第1回わかやまリレーマラソンパンダRUN(ラン)」が開かれます。

大会は、4年後の2021年に和歌山など近畿地方で開かれる「ワールドマスターズゲームズ2021関西」の機運を盛り上げようと、和歌山県教育委員会と和歌山県体育協会が主催して初めて開くものです。会場は田辺市上の山の田辺スポーツパークで、1周2.1キロの特設コースを、4人以上10人までのランナーを1チームとして、フルマラソンなら20周あまり、ハーフマラソンなら10周あまりを5時間以内で走ります。1人が1周以上走って、次の走者にたすきリレーするルールで、走る順序や回数は自由です。また、誰でも参加できる2.1キロのファミリーの部もあります。仮装しての参加も大歓迎ということで、当日は無料でパンダのフェイスペイントも行われます。会場では、グルメブースのほか、不要になった携帯電話から東京オリンピックの金・銀・銅メダルを作ろうという「みんなのメダルプロジェクト」の回収拠点も設けられます。ハーフリレーマラソン、フルリレーマラソンの申し込みはあす(13日)までで、専用ホームページからの応募となります。詳しいことはわかやまリレーマラソンのホームページで紹介されているほか、わかやまリレーマラソン実行委員会事務局073-441-3753で問い合わせに応じています。