【台風18号】和歌山県への最接近は今夜始め頃

2017年09月17日 09時56分 ニュース, 社会, 防災

大型の台風18号はきょう(9/17)、九州南部を暴風域に巻き込みながら東寄りに進んでいて、昼頃までに九州にかなり接近し、上陸する恐れがあり、和歌山県には、今夜はじめ頃、最も接近する見込みです。

気象庁によりますと、大型の台風18号は、きょう午前10時には、鹿児島県の佐多岬の西南西およそ30キロの海上を1時間におよそ30キロの速さで東北東へ進んでいると推定されます。

中心の気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートルで、中心から半径190キロ以内では、風速25メートル以上の暴風が吹いているとみられます。

台風の接近に伴って、本州の南にある前線は、活動が活発になり、あすにかけて西日本から北日本を北上する見込みです。

和歌山県では、きょう昼過ぎから夜遅くにかけて、局地的に非常に激しい雨が降り、特に南部では、夜に猛烈な雨の降るところがある見込みです。

予想される1時間の降水量は、多いところで、北部70ミリ、南部80ミリで、きょう午前6時からの24時間雨量は、多いところで、北部250ミリ、南部350ミリとなる見込みです。

また、きょう予想される最大風速は、陸上で25メートル、海上で30メートルで、和歌山県の海上では、きょう夕方から、北部で今夜遅くにかけて、南部であすの明け方にかけて、それぞれうねりを伴った大しけとなる見込みで、きょう夕方から今夜のはじめ頃を中心に、高潮の発生するおそれがあります。

和歌山地方気象台は、浸水害や土砂災害、河川の増水や氾濫、高波に警戒するよう呼びかけています。