日本・トルコ平和へのコンサート、ローマで開催(写真付)

2017年09月17日 14時28分 ニュース, 社会

日本とトルコの友好関係のもとになった史実をテーマにした平和へのコンサートが16日、イタリアの首都、ローマで開かれました。

これは、1890年、串本町大島沖でトルコの軍艦エルトゥールル号が遭難した際、地元住民が乗組員を救助し、1985年のイラン・イラク戦争では、テヘランに取り残された日本人を、トルコ航空機が救出したという両国の人命救助を通じた歴史的事実をもとに、自ら作曲し、演奏活動を続ける海南市の向山精二(むかいやま・せいじ)さんが、世界平和を願って、さらに多くの人に知ってもらおうと開かれたものです。

コンサートは、16日夜9時すぎ、日本時間のきょう(17日)午前4時すぎから、ローマのエリセオ劇場で開かれ、向山さんの指揮で、トルコ大統領交響楽団が演奏、地元・イタリアの合唱団も出演しました。

そして、コンサートには、日本人を救出したトルコ航空機の故・スヨルジュ機長の妻・ベルガーさんや、この航空機で救出された沼田準一(ぬまた・じゅんいち)さんが駆けつけ、観客のイタリア人らに大きな感動を与えました。

また、演奏のあと、向山さんは、イタリアのヌーマン・クルトゥルムシュ観光文化大臣から感謝状と盾がおくられ、観客から大きな拍手を受けていました。