前震や地殻変動で避難情報 南海トラフ地震で政府

2017年09月26日 19時23分 ニュース

政府はきょう(9/26)、中央防災会議の会合を開き、南海トラフ巨大地震の前触れとなるような地震などの異常現象を観測した場合に、住民に避難を促す情報を出す方向で検討を始めました。

これは、中央防災会議の有識者会議がきょう、小此木(おこのぎ)防災担当大臣に提出した報告書に基づく対応です。

具体的には、南海トラフ沿いで巨大地震につながる前震や、地殻変動などの異常気象を観測した場合のほか、地震発生の可能性が高まった場合に、新たに「南海トラフ地震に関連する情報」を気象庁が発表して警戒を呼びかけ方針です。

今年の11月1日から、運用を開始する方向で調整しています。