県立医大「出生前の性ホルモン量が月経周期の症状に影響」(写真付)

2017年09月27日 19時27分 ニュース, 社会

生理痛やめまい、情緒不安定など、女性の月経前後にみられる症状の重さが、母親の胎内にいるときに受ける性ホルモンの量と関連する可能性のあることが、和歌山県立医科大学の研究でわかりました。

きょうの発表のもよう(9月27日・和歌山県立医大)

県立医大・生理学第1講座の金桶吉起(かねおけ・よしき)教授らの研究グループは、手の人差し指と薬指の長さを比べたときに、薬指が人差し指より短い人は胎児の時に受けた女性ホルモンが多く、男性ホルモンが少ないことに着目し、2014年から3年間にわたって、和歌山市内の女子大学生403人の指の長さと月経前後の症状との関連について調べました。

その結果、右手の薬指が人差し指より短い人ほど、痛みやめまい、情緒不安定などの症状が軽くなる傾向にあることがわかりました。

一方で、眠気や根気のなさといった行動の変化やむくみ・体重増加といった水分貯留の症状は、指の長さとの関連がみられませんでした。

今月(9月)スイスの医学サイトにこの研究論文が掲載され、指の長さから見るホルモンバランスと月経前後の症状との関連性についての発表は世界でも初めてのことで、今後の緩和ケアの研究につながるものと期待されています。

またこの研究は、医学部の基礎医学実習として医学生たちもデータの収集や解析に携わっていて、金桶教授は「優れた医師には研究者の資質も欠かせない。学生主体の研究が大きな成果に繋がったことは大変意義深い」と話しています。