第624回番組審議会

2017年09月27日 19時17分 ニュース

和歌山放送の第624回番組審議会がきょう(27日)開かれ、毎月最終土曜日の午前10時30分から30分間放送されている「ラジオで女子旅」について審議が行われました。

この番組は、毎回、女性リポーター2人がテーマを決めて県内の市町村、2~3か所を訪ね、現地で体験したことを
自分たちの言葉で伝えています。審議番組となった8月26日の放送では「醤油のルーツと醤油香る町を訪ねる旅」題して湯浅町と由良町を訪ねました。

番組審議会では委員から「女性リポーターが明るく、楽しい番組」「ホームページに写真入りで紹介していて補足説明になっている」といった意見が寄せられたほか、「情景が思い浮かぶような表現や補足説明が欲しい」「県民も知らないところを掘り起こし、和歌山のピーアールにつなげてほしい」といった意見も出されました。