和歌山市内で雨の影響相次ぐ

2017年10月22日 14時13分 ニュース

台風の接近で前線の活動が活発化し、和歌山県や奈良県ではけさまでに200ミリ以上の雨が降っていますが、和歌山の一部地域では道路や線路が冠水し通行止めのところが出ています。

和歌山電鉄貴志川線は吉礼と伊太祈曽の間で線路が冠水しているところがあり午後1時前から全線で運転を取り止めています。また和歌山市の南東部の地域では県道や市道が冠水して通れなくなっているところがでています。また一部の投票所の周辺では冠水のため通行止めの箇所もでているということです。県によりますと海南市の亀の川では午後1時50分にはん濫警戒情報が発令されたほか日方川、や和歌山市の和田川では、はん濫注意情報が発令されています。県では今後も河川の情報に注意するよう呼びかけています。

また県内の交通機関でもJRを中心に運転の見合わせが相次いでいますが、御坊市を走る紀州鉄道は西御坊発午後4時51分発の列車から運転を見合わせると発表しました。