【台風21号】交通への影響(午後6時現在)

2017年10月22日 18時51分 ニュース, 交通, 防災

台風21号に伴う大雨の影響により和歌山県内の鉄道にも影響が出ています。

JR西日本によりますと、JR紀勢線は、特急くろしおが上下23本の列車について運転を取り止めたり一部運休しました。また紀勢線の新宮と紀伊田辺間の普通列車は終日運休しました。また、和歌山と紀伊田辺の間の普通列車も最終列車まで運転を取り止めます。あすも始発列車から夕方頃まで運転を取り止めます。

JR和歌山線は橋本と五条の間が終日、運休したほか、和歌山と橋本の間も、上下線とも午後から最終列車まで運転を取り止めました。あすも始発から運転を取り止めます。JR阪和線については午後3時半ごろから和歌山と日根野の間で運転を見合わせています。和歌山市と和歌山駅間の紀勢線についても現在、運転を取り止めています。

JR東海によりますと名古屋と新宮・那智勝浦を結ぶ特急ワイドビュー南紀号は終日、全ての区間で運休しました。

南海電鉄によりますと、南海本線の孝子(きょうし)駅付近で大雨で線路が水に浸かったり、樽井と尾崎の間の橋梁で線路のトラブルがあり、現在、和歌山市と羽倉崎の間で運転を見合わせています。また高野線の橋本と極楽橋の間で運転を見合わせています。

和歌山電鉄は吉礼(きれ)と伊太祈曽(いだきそ)の間で線路に水か浸かったため午後1時以降、全線で運転を見合わせています。

紀州鉄道は西御坊駅午後4時15分発より全線で運転を取り止めています。

和歌山と四国・徳島を結ぶ南海フェリーは、あす(23日)の上下4便まで欠航が決まっています。

南紀白浜と東京・羽田を結ぶ空の便は終日欠航しました。

日本道路交通情報センターによりますと阪和自動車道の泉南インターチェンジと南紀田辺インターチェンジの間が雨のため通行止めとなっています。国土交通省近畿地方整備局によりますと国道42号の有田市港町と初島交差点の間が全面通行止めとなっています。