高野口の棟続き住宅で火災、高齢男女2人死亡

2017年10月29日 17時50分 ニュース, 事件・事故・裁判

きょう(29日)午後、橋本市高野口町で棟続き住宅が全焼する火事があり、高齢の男女が遺体で見つかりました。

きょう午後2時前、橋本市高野口町小田(おだ)の上宏子(かみ・ひろこ)さん74歳方から、火が出ていると消防に通報がありました。火はおよそ1時間後に消し止められましたが、木造瓦葺き平屋建ての3棟、棟続き住宅が全焼し、南側の上さん方から女性の遺体が見つかったほか、北側に住む大谷峯春(おおたに・みねはる)さん85歳も病院で死亡が確認されました。もう一軒に住む70歳の男性は無事でした。

かつらぎ警察署で身元の確認を急いでいますが女性の遺体は風呂場で見つかったということで、あす司法解剖を行なうなどして火事の原因を調べることにしています。