【台風22号】潮岬沖に接近、土砂災害に警戒(午後6時)

2017年10月29日 19時00分 ニュース, 防災

台風22号は、きょう(29日)午後3時すぎ、和歌山県の潮岬の南の海上に最接近したあと日本の南の海上を東に進んでいます。気象庁は、和歌山県南部では引き続き暴風やうねりを伴った高波に警戒するよう呼びかけています。

気象庁によりますと台風22号はきょう午後6時には三重県尾鷲市の南東およそ170キロにあって、1時間におよそ55キロの速さで東北東に進んでいると推定されます。中心の気圧は975ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は30メートルで、中心の南東側150キロ以内と北西側110キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いているとみられます。

和歌山県では、台風に伴う発達した雨雲は東へ抜けましたが、これまでに降った雨の影響で地盤の緩んでいる所や河川の増水しているところがあります。アメダスの観測によりますとおととい(27日)午後10時の降り始めからきょう午後6時までの総雨量は▽新宮で216ミリ
▽那智勝浦町色川で169ミリなどとなっています。また午後6時までに観測された最大瞬間風速は▽潮岬で30.7メートル▽南紀白浜で22.1メートルなどとなっています。

南部では夜のはじめ頃にかけて暴風となる見込みです。また南部の海上は、夜遅くにかけて大しけとなる見込みです。

先日の台風21号による大雨で地盤が緩んでいる所があることから、気象庁は南部で暴風やうねりを伴った高波に警戒するとともに、土砂災害や河川の増水などに注意を呼びかけています。