「これからの和歌山のがん医療市民公開講座」12月10日開催

2017年12月06日 19時30分 ニュース

がん患者に対する緩和ケアや就労支援などについて市民に分かりやすく話す市民公開講座が、今(12)月10日、和歌山市の和歌山県立医科大学で開かれます。

これは、がん専門医療人材養成プランの一環として、県立医大が開くものです。

今月10日午後2時から県立医大紀三井寺キャンパスの講堂で開かれる講座では、がんによる痛みなどを和らげる緩和ケアや、がん患者の就労支援の現状と今後の方向、これからの抗がん剤治療について県立医大の専門教員が話します。

参加は無料で事前申し込みなく、誰でも受講できます。

詳しい内容については、県立医大がんプロフェッショナル養成センター・電話073-441-0825、もしくは、県立医大の事務局で問い合わせに応じています。