和歌山市議・遠藤議員に台湾から「外交の友 貢献賞」(写真付)

2017年12月08日 18時46分 ニュース, 政治, 社会

台湾との交流に貢献した人に贈られる「外交の友 貢献賞」が、和歌山市議会議員で「日台(にったい)友好和歌山市議会議員連盟」の会長を務める遠藤富士雄(えんどう・ふじお)議員に贈られることになり、きょう(8日)授賞式が行われました。

陳処長から表彰状を受けとる遠藤議員(右)

遠藤議員は、1995年の初当選以来、和歌山市議会で「日台友好議員連盟」の設立を模索し、2010年6月に設立にこぎつけました。その後、この「日台友好議員連盟」には、すべての市議会議員が加盟し、議員による訪問団が台湾省庁を訪れたり議会の交流を図るなどして、台湾との人的交流や相互理解に取り組んでいます。今回は、こうした功績が認められ、台湾政府から表彰されたものです。

きょう午後、和歌山市役所の議場で行われた授賞式では、台湾の総領事館にあたる「台北駐大阪経済文化弁事処」の陳訓養(ちん・くんよう)処長と洪英傑(こう・えいけつ)副処長が遠藤議員に表彰状と勲章を贈りました。遠藤議員は「今後も台湾と太い絆を構築し、台湾のことを知らない日本人が台湾を訪れるきっかけをつくりたい」と決意を新たにしていました。

「外交の友 貢献賞」は、台湾政府の外務省にあたる「外交部」が長年にわたり台湾との友好交流に貢献した人に贈っているもので、日本人では遠藤議員が5人目です。