和歌山市で初雪 高野山では今季初の真冬日

2017年12月12日 19時40分 ニュース, 社会

きょう(12/12)午前、和歌山市で去年より1ヶ月以上早く初雪が観測されました。また、高野山では、今シーズンになって初めて最高気温が氷点下となる真冬日となりました。

和歌山地方気象台によりますと、雪は、和歌山県と大阪府との府県境にある和泉山脈付近で降ったとみられ、きょう午前8時35分頃から5分間、気象台で雪がちらつくのが観測されました。

和歌山市での初雪は、平年より7日早く、去年と比べると、33日早くなりました。

また、きょうは、高野山での最高気温が氷点下1度4分となり、和歌山県内で今シーズン初の真冬日となりました。

このほか、田辺市龍神村で1月下旬並の寒さ、和歌山市でも1月上旬並の寒さとなるなど、各地で平年より気温が低くなりました。

気象台では、あすから3日間程度、明け方の冷え込みがさらに厳しくなるとみていて、路面の凍結などに注意を呼びかけています。