乗用車が暴走し和歌山城の堀に転落、(写真付)

2017年12月30日 19時22分 ニュース, 事件・事故・裁判, 交通

きょう(30日)早朝、和歌山市の和歌山中央郵便局前の市道で、駐車場に停めようとした乗用車が暴走して和歌山城の堀に転落する事故があり、運転していた男性が救助されました。

きょう(30日)午前7時半ごろ、和歌山市一番丁の和歌山中央郵便局西側の市道・通称堀端通りで、乗用車が歩道沿いの柵をなぎ倒して和歌山城の堀に落ちました。車は水没しましたが、乗っていた和歌山市の60代の男性は、およそ10分後に消防の救助隊に助け出され、市内の病院で手当てを受けました。

乗用車はバックしたまま柵をなぎ倒して堀に転落した

和歌山西警察署が調べていますが、男性は和歌山中央郵便局の西側駐車場で、車を前進させて停めようとして建物に接触したあと、バックしながら市道を横切り、柵をなぎ倒して堀に転落したもので、警察は男性が運転操作を誤ったものとみてくわしく調べています。